赤ちゃんと緑のある暮らし

何でも計画するのが好きな私の園芸・子育て・登山など日常のつぶやきです。日々のメモ代わりに。

【ダイモンジソウ】開花しました!

花芽が出てきたダイモンジソウ、あれから10日程で開花しました。f:id:Callicarpa:20191023165626j:plain

 

お花がちゃんと「大」の字になっています。

f:id:Callicarpa:20191023165614j:plain

以前、園芸店でお花がピンクのダイモンジソウを手に入れたことがあるのですが、いつの間にかなくなってしまいました。それに比べて野生種っぽい白花は種が飛んで他の鉢から芽が出てくることがよくあります。たくましい!

 

そして私の鉢のダイモンジソウにも花芽ができていました!

f:id:Callicarpa:20191023165638j:plain

あと10日くらいかな?こちらも楽しみです。

【物を減らす】失敗!買い直したもの

物の管理が好きではない私はこれ、なくても生活できるかも?と思ったらとりあえずチャレンジしてみます。成功して物を減らすこともできれば失敗もあります。

今回は失敗して買い直したもの、やっぱりあったら便利だったものをまとめました。

 

バスマット 

【手放した経緯】

玄関マット、キッチンマット、トイレマットと同じように手放しました。マット類の洗濯がなくなり楽になりました。

【復活した理由】妊娠中、風呂上りに滑りそうになったため

バスマットがないときは片足ずつ拭いて風呂場から出てきていたのですが、片足を持ち上げた際にバランスを崩しました。危ない!

妊娠8ヶ月~はそもそも足を持ち上げて拭けないので、やっぱりないと困るものでした。

 

化粧水 

【手放した経緯】

風呂上りは潤っているので、すぐオイルで肌にフタをすれば化粧水いらない?と思い手放しました。スキンケアの手順が少なくなり、洗面所もスッキリしたので一石二鳥な気分でした。

【復活した理由】乾燥による小じわだらけになったため(当時25歳…)

2か月程、洗顔後にホホバオイルのみのスキンケアを試していたのですが、乾燥に耐えることができなくなりました。

よく考えれば、環境(紫外線・冬場の乾燥した空気・室内の空調など)や肌の質(ストレス・食べ物・生活スタイル・遺伝・加齢など複合的要因でできあがる肌の細胞の状態)によってオイルのみのスキンケアには向き不向きがあるので、大人しく化粧水(角質層に浸透し、肌を潤す、また肌の水分保持を手助けする機能もあるもの)を付けてからクリームでフタをするようにしたら回復しました。

【二度目の手放した経緯と結果】

それでも諦めきれず、季節を変えてホホバオイルのみのスキンケアを再度試しました。その時28歳。また小じわだらけに…。

諦めて化粧水+美容液+クリームの水分を保持して潤いを保つスキンケアに落ち着きました。何もしない美容法が合う人が本当に羨ましい…

 

めんつゆ 

【手放した経緯】頻繁に使うことがなかったため

ひと夏で4倍濃縮500mlを使いきれない程の使用率だったため、なくしてみました。0か1が好きな私は冷蔵庫に一瓶分の隙間ができて満足でした。そうめんを食べるときは一から作るように。

【復活した理由】

だんだん、一からめんつゆを作るのが億劫になったため再度購入。なくしてみて初めてありがたみが分かりました。薄めるだけで使えてめちゃくちゃ楽!

そうめん以外にも炒め物・煮物・煮びたし・鍋などにも利用するようになりました。

 

ドレッシング 

【手放した経緯】頻繁に使うことがなかったため(めんつゆ同様)

開封後1~3ヶ月くらいで1瓶使う使用率だったため、なくしてみました。オリーブオイルで一から作るように。

【復活した理由】

めんつゆ同様、作ることが面倒になり、サラダ・温野菜を食べる頻度が減るようになったため、再度購入。今では以前より野菜を食べるようになり、市販のドレッシングをいろいろ試して楽しむようにしました。

 

クッキングシート 

【手放した経緯】他の物で代用できそうだったため

焼き菓子を作るときに使っていたクッキングシート。生地を焼くとき型にくっつかないように使っていましたが、月1程度しか作らないため、なくしてみました。

生地を焼く際、型にバターを塗って小麦粉を振っておくとクッキングシートの代わりになるようなのでこちらで代用しました。

【復活した理由】

バターを塗る+小麦粉を振る工程の手間時間を短縮したいと思うようになったためです。私にとって焼き菓子作りは空き時間に家にある材料でささっと作れるもの、という位置づけだったため、バター+小麦粉の工程が私にとって結構手間なことにやってみて気付きました。手が汚れない、洗い物が増えないクッキングシートに戻ってきました。

 

壁掛けカレンダー 

【手放した経緯】壁をスッキリさせたかったため

マンスリータイプのカレンダーを冷蔵庫に貼り、家族の予定を共有するために使っていました。冷蔵庫の側面をスッキリさせるために、なくしてみました。予定の共有はアプリで管理することに。

【復活した理由】

アプリを起動して書き込み、予定を見ることが家族で習慣づかなかったためです。

冷蔵庫の壁掛けカレンダーならすぐ予定を書き込める、家に帰るとすぐ目に入る等の便利さで復活しました。来年はあまり大きくないカレンダーを手に入れたいです(今は生協でもらったポスターサイズのカレンダーです…野菜の栄養について詳しくなれました)。

 

 

他にも思い出したり、新たに失敗したら自分を戒めるためにも追加していく予定です…

【育児】子供の通帳、いつ作ろう?計画を立てました

時間のあるときに子供の通帳作ろう、と考えて早5か月…

そろそろ計画だけでも立てなければと思い、作る目的や銀行、注意点等をまとめました。

 

 

子供名義の通帳を作る目的 

お年玉やお祝い金を貯めるため

  →お年玉をちゃんと貯めておいたよ、と証拠にする

お金について一緒に考える機会にしたいため

 →中学くらいで通帳を渡して管理を任せる?

 

私が子供のときはお年玉を毎回両親に預けており、確か専用の通帳に入れてもらっていたはずでした。しかし、30年過ぎてもその通帳の有無が分からないということは大人の事情で何か必要なことに使われたのでしょう。両親は忘れているかと思いますが、やっぱり少し悲しくなりました。私の子供にはお年玉を貯めておいて中学生くらいになったら忘れず渡してあげようと思います。

 

また、通帳を渡すときにお金について一緒に考えるよい機会になるかな、と思っています。

お金の大切さ、たくさんのお金の管理・長期運用(年間いくら貯めて大きなものを買う等)、ATMの利用方法、キャッシング(借金)の怖さ、リボ払いとは、利子など…

中学生くらいだと早すぎるのかな?自分の時は通帳を作ったのがそもそも大学入学時だったので想像がつきません。キャッシングやリボ払いについても知識0でしたし。

自分の子供の性格を考え、時期を含めて然るべき時に渡す判断をしたいと思います。

 

作る時期 

お年玉をもらうようになるまで(小学生くらい?) 

作る銀行 

ネット銀行(楽天)とゆうちょ銀行で迷い中です。

ネット銀行(楽天銀行) 

利点

コンビニATMで主に取引する(気軽・手数料が安い)

記帳しなくていい(取引の記録はアプリ・ネットで見れる)

印鑑が必要ない

ジュニアNISA用の証券口座も併せて作れる(マネーブリッジで金利が良くなる、投資しやすい)

他の銀行と比べて金利がよい(証券会社も併せて作って、マネーブリッジして0.79%)

 

欠点

コンビニATMで主に取引する(手数料がいる・条件によって数回無料の場合有)

実店舗がない(対面で分からないことを聞けない不安あり)

通帳がない(データのみ。渡すときに実感がない?)

 

ゆうちょ銀行 

利点

昔からある・自分も使っていたので信頼感あり

全国に多くの実店舗があるので直接対応してもらえて安心(大学で遠方に引っ越した場合でもOK)

店舗のATMなら手数料なし

 

欠点

印鑑が必要(新しい印鑑を作る必要あり・印鑑の管理が煩わしい)

利子は無に等しい(年・数十円…)

 

結論 どちらにするか 

それぞれの利点・欠点を書き出してみてゆうちょ銀行がいいかな、と考えがまとまってきました。

子供目線で考えると通帳があること実店舗があることでお金についてわかりやすく、使いやすいのではないかと思います。

大人になった今は印鑑や通帳管理が煩わしい・スマホで管理できたらこまめに確認できて便利、と楽天銀行を主に使うようになりました。しかし、それは慣れであり、子供が初めて預入や引出など取引をする場合は通帳がある、実店舗がある方がメリットとして大きいかと思います。

 

注意点 

子供に渡すときに贈与税がかからないようにする(110万未満で通帳を渡す)

渡し忘れて休眠口座にならないように気を付ける

 

お年玉を6歳から18歳までもらったとしても100万円はいかないだろうと思うので、特に対策せず、贈与税は110万円からかかるらしい、と頭の片隅に入れておくくらいにします。

また、休眠口座も10年取引がない場合なので口座の存在を忘れてた~等よっぽどのことがないと心配無用です。

 

初期では出産祝いや児童手当も入れようかと思っていたので早く作らないと!と焦っていたのですが、作る目的を突き詰めていくと「お年玉を入れる通帳」となったので、実際に動き出すのはもう少し後でよさそうです。出産祝いや児童手当はまた別に貯めておくことになりました。考えがまとまってよかったです!